忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
終日天国の上から孫娘を見守りながら書いた日記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


私のゲームはどこ!
http://allabout.co.jp/game/gamenews/closeup/CU20091229A/

ほんとその通りだと思います。
よく知り合い(所謂ライトユーザーの方)に「なんか面白いゲームある?」と聞かれます。
僕はどういったゲームがしたいかを聞くのですがこのときの返事は「俺(わたし)でも出来るやつ」です。

………………。

返答にいつも困ります('A`)

その時は誰でも出来るかな~といったゲームをお薦めしてるのですが、それでも全員が全員満足出来るものを与えられるわけではありません。

当然その人の思ったものとはどこか違うわけですよね
ただそれは本人にしかわかりません。
本人もわかってないのだと思います。
ある程度ゲームが好きで色んなジャンルに手を出していると、自分はこういうゲームが好きだから、それに合ったゲームを情報誌なりインターネットを使って調べることもできます。

ただ多くの人はそんなに考えてしてないでしょうし、見つけようともしてないと思います。

ですので、暇なときなどに何か面白いゲームがしたい!でも、何が面白いのかわからない。ゲームを買うとなるとお金もいるし、それなら服や他のことに使ったほうが楽しいし有意義な使い方だろうなって思うのでしょうね。

本文にも書いてありますが、そんな時代だからWiiが売れたのでしょうね~
本当に任天堂は上手いな~と思いますね。
物凄い数のCMで視覚に訴え、かつ誰でも出来そうというのをアピールしまくりますからね~
あんまりゲームしない人でも、これなら出来そうだ!やりたいな~という購買意欲をそそる作りになっていて、ただただ感心しますね。
しかし、任天堂以外にも面白いゲームを作ってる会社はたくさんあります。
ただその多くは一部の人にしか知られず、受け入れられず埋もれてしまってます。
有名なゲームしか売れない、作られない時代が来てしまっては非常に残念でなりません。
この記事にもあったように、メーカーや出版会社、そして僕も含めたゲームユーザーがもっと協力しあうことが大切だと思います。
そして、色んな方がもっとゲームに触れ合い、ゲームを楽しんでくれればいいのになと思います。
そうすれば、今よりもっと多くの素晴らしいゲームに出会えることでしょう。

そんなときが来るのを願っております。


たまにはこんなのもいいかと思い、書いてみました。

次は久々にWCCFのことで更新するかな~w

へば、また

PR
 80  79  78  77  76  75  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
 80  79  78  77  76  75  ≫
HOME
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
覚悟
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/09/14
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]